人妻デリヘルで働く女性

実際に風俗店で働いている女性はどのような人達なのでしょうか。これも非常に様々で、風俗店の業種によって大きく違います。

まず最初に覚えておいて欲しいのは、風俗嬢の仕事を本業としている人と、本業は他に持っていて副業として風俗嬢をしている人が居るという事です。例えば昼間は学生・夜はセクキャバ嬢という人だったり、専業主婦で平日の昼間の数時間だけデリヘル嬢になる人妻だったり、昼間は販売員で夜だけピンサロ嬢になる人もいたり、平日はOLで週末だけソープ嬢になる人もいたり、本当に色々です。

もちろん業種によって年齢的な問題も限られてきます。ソープランドやピンサロ、店舗型ヘルスで働けるのは、熟女系のお店を除いては30代半ば頃まででしょう。さすがに見た目年齢が高くなってくると、そういったお店では働けなくなってしまいます。人妻系のデリヘルや熟女パブなどでは30代後半や40代も働いていますが、メインで働いているのはやはり20代でしょう。

ごく普通の人妻がデリバリーヘルスで働いている

人妻デリヘルで働く女性

どんな人が働いているかという質問には、ごく普通の人が働いているという回答がベストになるのではないでしょうか。街中を歩いてても「あの人、風俗嬢だな」なんて解るはずもありません。働いてる女性も基本的に風俗嬢になっている時は、完全にもう一人の自分になりきっているはずです。なので普段はそんな素振りは絶対に見せない事でしょう。そもそも風俗嬢がプライベートでどのような生活をしているかという事に興味を持つ事自体がナンセンスです。風俗嬢は風俗嬢、お店の中でだけ接する事ができる存在。それで良いんです。深追いすると思わぬ落とし穴にハマるかもしれないので気をつけましょう。