デリヘル業界で働く男性

デリヘル店は、デリヘル嬢として働く女性だけでは成り立ちません。電話応対、ホームページの管理、働くデリヘル嬢の管理、車での送迎など、やる事はたくさんあります。デリヘル嬢はもちろん女性ですが、それ以外の業務は基本的には男性スタッフが担当しているケースが多くなります。実際にデリヘル業界で働いている男性は、どのような人達なのでしょうか。

デリヘル店で働くのは決して楽な事ではありません。店舗型風俗がその数を減らしている反面で、デリヘル店の競争は近年では非常に激しくなっています。その中でお店が注目されてお客さんを獲得するのは大変な事です。働いているデリヘル嬢もいつまでも続けていてくれる訳ではないので、新しいデリヘル嬢を確保していく手段も必要です。つまり、女性の人心掌握に優れていて、かつホームページの集客もしっかりできる必要があります。

デリヘルの送迎スタッフは時給制のアルバイトを雇っている所が多いですが、それ以外は基本的には正社員です。ですが、デリヘル業界で働くのは本当にキツイと思います。売上の立たないお店はどんどん閉店していますし、そうなった時はもちろん自分の行き先もありません。よほど成功しない限りは美味しい仕事とは言えません。一時の社会勉強の為にやろうと思っている人以外は、あまりオススメはできません。それでも生きていく為の手段としてやっている人は多いのが現状ですが。

働いているのは基本的には20代後半~30代、40代の男性です。送迎スタッフはもう少し年齢層が上かもしれません。繰り返しになりますが、決して楽な世界ではありません。例えばインターネットでソファを買おうと思った時に、様々なブランドやお店から選ぶでしょう。それと一緒です。デリヘル競合店は日本中どこにでもありますし、ホームページだってすぐに万人に見てもらえるページは作れません。時間をかけてコツコツ積み上げていく、そんな世界です。