風俗店の種類

続いては風俗店の種類です。
前述の通り、風俗店には色々な形態のお店があります。値段も時間もサービス内容も違いますので、ここでしっかり確認しておきましょう。

ファッションヘルス

ヘルスと略される事もあり、個室に置かれたベッドの上で、ヘルス嬢が性的サービスをしてくれるお店です。受付で写真を見て女性を指名できる、本番は基本的にはナシで、キスや素股やフェラチオでのご奉仕。個室にはプレイにあたっての注意事項が必ずありますので、良く読んでおきましょう。

デリヘル(デリバリーヘルス)

デリバリーヘルスの事。サービス内容はファッションヘルスとほぼ同じで、店舗を持たずにホテルもしくは男性客の自宅まで女性が出向くサービスの事。有料オプションで色々なサービスをしてもらう事も可能です。プレイ時間も自分で設定可能。時間が長くなるにつれて料金も上がるシステム。

ソープランド

通称、風俗の王様と言われているソープランド。ソープと略される事もあります。位置的には「特殊浴場」と言う事になっており、一緒にお風呂に入る事がメイン。表面上は本番行為は禁止とされているが、男性客とソープ嬢の自由恋愛の形として黙認されているケースがほとんどです。料金もそれなりにかかります。

ピンサロ(ピンクサロン)

ピンクサロンの事を略してピンサロと言います。基本的なサービスは手コキとフェラチオ。お触りがOKかどうかはお店の決めによります。ソファやフラットシートで仕切られているものの、隣のブースの様子も見える仕様になっている。シャワーは無く、アルコール消毒とおしぼりで拭くだけ。値段が安いので、学生の風俗デビューに多いお店です。

イメクラ(イメージクラブ)

いわゆるイメージクラブの事。女性が制服やコスチュームを着た状態だ男性に奉仕するお店の事です。色々なシチュエーションで楽しむ事ができます。サービス内容はファッションヘルスとほぼ変わらないが、コスチュームの分だけ料金は高め。

セクキャバ(おっパブ)

セクシーキャバクラの事を略してセクキャバと言います。普通のキャバクラはお触り禁止ですが、セクキャバは体を触ったりキスをしたりできます。気に入った子が居れば指名もできますが、発射まで面倒を見てくれる訳ではないのでご注意を。