今後の風俗・デリヘル業界

風俗業界はめまぐるしく変わり続ける世界です。例えば男性客として風俗店を利用しようと思った時に、半年前のお店の情報なんて全くアテになりません。次々に新しいお店ができて、流行らないお店はシャッターを閉めて、働いている風俗嬢も次々に入れ替わります。そんな風俗業界の今後はどうなっていくのでしょうか。

店舗型の風俗店は、風営法の問題もあって新しく出店する事は今は非常に難しい状態です。今まで営業してたお店を買い取って、名義を変えて営業するならまだしも、ゼロから新しい場所に出店するのはほぼ難しい。そういった影響もあって、今はデリヘル店ばかりが増え続けている状態です。したがって、今後もしばらくはデリヘル中心の風俗業界になる事は間違いないでしょう。

デリヘル店も競合が多く、価格破壊も徐々に進んでいます。利用する男性も、デリヘルを利用するハードルは徐々に下がっていると言えるでしょう。高級デリヘル店は今も需要があるのは変わりませんが、それでも今後はデリヘルの平均総額は下がってくるかと思います。店舗型風俗が姿を消して、ホテヘルに以降しているケースもあります。駅周辺にあるのは受付所のみで、近くのラブホテルで楽しめるパターンですね。ホテル代がかかるのがネックですが、デリヘルを呼ぶ場所が無いという男性にはオススメです。変わらずあるのはピンサロ。抜くだけの安さが売りのお店ですが、ヘルスとの中間のようなサービスを揃えたお店が最近の流行りです。

いずれにしても人妻を中心とした中高年向けのデリヘルが、変わらぬ人気を維持する事になりそうです。