初心者の為の人妻風俗・人妻デリバリーヘルス情報

日本にはたくさんの風俗店というものが存在しています。風俗店と言うのは一般的な認識で言うなら「性的サービスをしてくれるお店」です。例えばファッションヘルスやソープランド、デリバリーヘルスも無店舗型ですが風俗店である事に変わりはありません。

厳密に言うと例えば麻雀店やゲームセンター、キャバクラなども風営法の届け出が必要なお店の形態ですが、一般的にこれらのお店を風俗店という人は少ないでしょう。いわゆる男性しか入らない、性的サービスを受けられるお店というのが正しい解釈ではないでしょうか。

人妻風俗・人妻デリバリーヘルスの需要

人妻風俗への需要

成人男性で風俗店に一度も行った事が無いという男性は、一説によると10人に1人だと言われています。つまり、成人男性の90%が何かしらの風俗に行ったことがあるということになり、風俗店はそれほど日本の社会において需要がある業界であるという事になります。さらに風俗の中でも人妻風俗にとても人気がり、全風俗店の3/1が人妻もしくは熟女をメインにしている人妻ヘルスなどの人妻風俗だと言われています。
毎日たくさんの人が人妻風俗店を利用し、それに伴ってたくさんの人妻が風俗店で働き、莫大なお金が動いています。人妻というとイメージが悪いのは言うまでもありませんが、人妻風俗業界そのものが無くなってしまったら、風俗業界において非常に大きな影響が出る事も間違いありません。

そんなおすすめの人妻デリバリーヘルス
これから人妻風俗デビューしようと思ってる男性の方、あるいは風俗店での仕事に興味のある人妻の方、そんな人の為にオープンしたのが「初心者の為の風俗店解説」です。

風俗の種類

風俗店の種類

風俗店は大きく分けるなら「店舗を持つ店」と「店舗を持たないお店」の二つになります。数年前までは風俗デビューするなら店舗型のお店に誰かと一緒に行くというケースが多かったのでしょうが、最近の主流は無店舗型風俗店になってきています。

いわゆるデリバリーヘルス(通称:デリヘル)というのがそれで、人妻または熟女が自宅もしくはホテルまで出向いてくれるデリヘル店のサービスを人妻デリバリーヘルスと呼ばれています。

またデリヘルとホテヘルが一緒になっているお店や受付があるホテルヘルスなどもあるので、その場合はまとめて人妻ヘルスと呼ばれています。性感マッサージなどを行うお店も人妻ヘルスと呼ばれることもあります。

一方で店舗型の風俗店には色々な形態のお店があります。ピンクサロン、ソープランド、ファッションヘルス、セクキャバ、性感マッサージなど。細かいサービス内容の違いはまた別記事で説明をしますので、まずは順を追って読んでみてください。

実際の雰囲気はもちろんお店に行かなければ解りませんが、それでも今の段階での最低限の知識は覚えておいた方が良いかと思います。どれぐらいの料金がかかるのか、どんなサービスを受けられるのか、そういった事ぐらいは覚えておきましょう。それと一緒に、実際に働いてる女性はどのような人なのか、今人気のあるお店はどういうタイプのお店なのかも、合わせて書いています。
これから人妻風俗・人妻ヘルスに行こうかと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。